2016年11月30日水曜日

マインドマップでToDoリスト No.2 「ナンバーをつけたり工数を書き入れる」

ミニマインドマップ 「11/17 ToDo」 (作: 塚原 美樹)
ToDoリストのミニマインドマップ

塚原美樹です。

マインドマップでかく「ToDoリスト」の続きです。

マインドマップを使うと、とても便利な使い方ができますよ。

1.まずはToDoをどんどんかき出す


まず、ToDoリストは、こんな感じのミニマインドマップという「太いブランチ (メイン・ブランチ)」のないマインドマップで、簡単にどんどんかきましょう。

ミニマインドマップ 「11/17 ToDo」 (作: 塚原 美樹) ~ 1日のToDoをどんどん書き出す
描き順・その1: 1日のToDoをどんどん書き出す

2.ToDoの優先順位を決める


ToDoをかいたら、最後に優先順位を示す「ナンバー」を、こんな風に入れるといいです。今日やるべきことの順序がはっきりします

ミニマインドマップ 「11/17 ToDo」 (作: 塚原 美樹) ~ ToDoにナンバーを入れて、やるべきことの順序を示す
描き順・その2: ToDoにナンバーを入れて、やるべきことの順序を示す

3.ToDoの所要時間を決める


さらに、それぞれの仕事にかかる時間を記入すると、スケジュールがより明確化します。このマインドマップでは、緑色のペンで、「工数 (仕事にかかる時間数)」を書き入れています。「H」は「時間」、「M」は「分」を表しています。

ミニマインドマップ 「11/17 ToDo」 (作: 塚原 美樹) ~ 各々の仕事にかかる時間数を書き入れてスケジューリング
描き順・その3: 各々の仕事にかかる時間数を書き入れてスケジューリング

4.ToDoの完了をチェックする


毎日のToDoは、いらない紙やチラシの裏などにかいて、仕事が終わったら捨ててしまってもかまわないのです。本当にただのメモですからね。

仕事が終わったら、こんな風にチェックを入れるといいです。このマインドマップでは、黒いペンで終わった仕事にチェックを入れています。

ミニマインドマップ 「11/17 ToDo」 (作: 塚原 美樹) ~ 終わった仕事にチェックを入れる
描き順・その4: 終わった仕事にチェックを入れる

さて、ミニマインドマップのかき方については、以下の記事もありますので、よかったらあわせて読んでみてくださいね。


シリーズ記事 「マインドマップでToDoリスト」

0 件のコメント:

コメントを投稿